HOME      COLLECTIONS      ABOUT      BOOKS      BLOG      TILDA SHOPS      CATALOGUE      SHOPPING

THE PERFECTLY IMPERFECT WORLD OF TILDA

TildaのデザイナーTone Finnangerは、1999年スウェーデンのPanduro Hobby社の協力のもと、平和とインスピレーションに溢れたノルウェーのハヴァッサーという島で、25歳という若さでTildaブランドを誕生させました。
彼女は手作りを通じて「Tildaが私たちの日常に安らぎや楽しみをプラスすること」が一番のコンセプトだと考え、ソーイングだけではなくペーパーアイテムなど、 幅広いホビークラフトのためのアイディアを提案し、ヨーロッパアジアをはじめ、 世界中のクラフトファンを魅了しています。

もしTildaが実在する女性であったなら。
彼女は、少し気まぐれ、ロマンチックで優しい女性なことでしょう。
その瞬間を大切に生き、いつもポジティブに物事を考えています。
また、最新のインテリアデザインのトレンドに敏感でありながらも、最も大切なのは、「自分独自のスタイルを作り上げること」であると考えています。
Tildaの世界は完全でありながら不完全なのです。

彼女の人生に大きな変化をもたらしたのは、1998年のこと。
ハヴァッサー島にある家を継承したときに訪れました。
彼女は夫と愛犬とともに、ノルウェーの首都、オスロの都会から、穏やかなフィヨルドの島、ハヴァッサー島へ移住しました。
この大きな変化が 「Tildaのコンセプト」 を誕生させるきっかけとなったのです。

25歳という若さでTildaを誕生させた才能あるデザイナー、トーン・フィンナンジャーは、1973年両親共に医師である家庭に生まれ、オスロのヴィーゲラン公園の近くで育ちました。
幼い頃から、絵画などの創造活動に興味を持ち、独自の制作に取り 組んでいたようです。
当初は、グラフィックデザイナーになることを目指し、伝統的な絵 画技法を学び、創造性のある仕事に就くことを夢見ていました。
ホビービジネスで働き始めたころ、トーンはサンプル作品を作る仕事をこなしていました。
彼女は、すぐに「ホビー業界にはフェミニンなコンセプトが存在し ない」ということに気付き、自らデザインした作品を作り上げたところ、瞬く間に人気となりました。

サンプル作成と並行し、児童書とアニメーションなど、子供たちの ためのコンセプトを作る仕事も行いました。
これらの仕事とアイディアが組合わさったことが、Tildaの世界を創造する機会へと導いて行ったのです。

トーンが幼い頃に思い描いていた人形が、「大人のためのドール」へと変化していきました。
特徴的な輪郭、つぶらな目、そしてバラ色の頬をしたTildaドールの誕生です。
Tilda(ティルダ)の名前は短く覚えやすく、多様な言語にも浸透していきました。

トーンは、直感的にロゴは洋服に付いているタグのように見えるのが良いと感じていました。
この時誕生したロゴは、当時のまま今でも変わっていません。